So-net無料ブログ作成
検索選択

ツォルキン・バースディ 白い銀河の魔法使い

「自身の心の管理」をできない。

=感情に流すようになるタイプ.

当然「強い影響力」がある感情は概して不快な事件が

発端ですが、そこで「現実に起きたことに敗北する」と

不快な事件⇒ 不快な自身=テンションが低い自身のように、

自身にマイナスを起こす対応をしてしまう。

という遺憾な結果になります。

目の前の事件に左右されないで「心の=感情の管理」をできる人は

コントロールできない人が暴走する場面でも、理性的に

行動をすることができます。

近く引っ張って引くことの法則でも出てきていたと考えます。

似た事例が。

ゲイの人の話です。

自身がゲイなので困らせて似合うことだと「深く考えていた」人義の話です。

彼はどのように「自身の人生と、人生劇場の登場人物のキャスティング」を

変えたものか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。